YouTubeが利用規約を変更すると発表がありました。変更の概要として3点上げられていますが、「収益化に関する YouTube の権利」が広告業界に影響を与えそうです。日本では2021年6月1日に更新されます。

利用規約の変更点

変更概要として、下記3点メールでの通知がありました。広告代理店や広告主にとって気になるのは2番めの「収益化に関する YouTube の権利」かと思います。

  • 顔認識の制限: 規約には、個人を特定できる可能性がある情報を許可なく収集することはできない旨がすでに記載されています。この規定は顔認識に関する情報に対しても適用されるものですが、新しい規約ではこの点をさらに明確にしています。
  • 収益化に関する YouTube の権利: YouTube は、プラットフォーム上のすべてのコンテンツを収益化する権利を有しており、YouTube パートナー プログラムに参加していないチャンネルの動画にも広告が表示される場合があります。
  • ロイヤリティの支払いと源泉徴収: 収益を得る権利を持つクリエイターへの支払いは、米国の税務上の観点からロイヤリティとして扱われ、Google は法律上義務付けられる場合に源泉徴収を行います。

収益化に関するYouTubeの権利で何が変わるのか?

「収益化していない動画」とはどのような動画でしょうか。

コンテンツへの広告掲載から収益の分配を受けるための最低条件

  • YouTube パートナー プログラムを利用可能な国や地域に居住している。
  • 有効な公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上である。
  • チャンネル登録者数が 1,000 人以上である。
  • リンクされている AdSense アカウントを持っている。

YouTube パートナー プログラムの概要と利用資格のページに上記の記載があります。閲覧数が少ないYouTubeコンテンツ上でもこれからは広告が表示されると想定されます。

個々の動画で広告表示を無効にする

  • YouTube にログインします。
  • プロフィール写真 次に [YouTube Studio] をクリックします。
  • 左側のメニューで [コンテンツ] をクリックします。
  • 広告表示を無効にしたい動画を選択します。
  • 左側のメニューで [収益受け取り] をクリックします。
  • 上部の [収益化] ボックスで、次に [オフ] 次に [適用] をクリックします。
  • 右上の [保存] をクリックします。

個々の動画で広告表示を無効にする のページから、上記設定を行うことで、アップロード済みの動画について、収益化を無効にできます。

「収益化の条件を満たしていないコンテンツ」、「広告表示を無効化しているコンテンツ」にて、これからは広告が表示されるようになると判断されます。


広告代理店や広告主にとっては良いこと悪いこと?

本規約は、米国では 2020 年 11 月に更新されました。今回の変更により、YouTube へのアクセスやご利用に大きな影響はございません。

アメリカでは既に更新された環境となっており、YouTube利用者にとっては影響が無かったとされています。

ビジネスでYouTubeチャンネルを開設していることもあるでしょうし、そういったコンテンツにも広告が表示されていくことになります。弊社クライアントはBtoBが多いのですが、商材によってはユーザーにリーチしやすくなることも多くなるのではないでしょうか。

※ 2021年5月20日現在から抜粋しているため、これらヘルプの内容は変更される可能性があります。

hiromichi_oga

hiromichi_oga

アスタノット株式会社 代表取締役社長 兼 SEMエバンジェリストの小笠原弘充です。#Google広告主コミュニティでシルバープロダクトエキスパート取得経験あり。上級ウェブ解析士。#SEM , #ウェブマーケティング に関してMarkeZine Academyでの講師経験あり。 #GAIQ #上級ウェブ解析士 #PPC #Analytics #Tableau

  • 関連記事
  • おすすめ記事
TOP